会社概要

ホーム > 会社概要

企業理念

不動産は、人に安心と豊かさを与えるものでなければなりません。それは、人と不動産が切っても切れない関係にあるからです。だから当社は「不動産を通じて豊かで安心な社会を実現すること」を目的として事業を展開します。

企業理念から導き出された「住宅コンシェルジュ」の理念

1.当社の考える「中古住宅売買の問題点」

買主にとっての問題点

中古マンションや中古戸建の物件資料には、価格、間取り、法令で定められる最低限の情報しか記載されていません。
ですから、中古住宅を買う人は、最低限の情報しか書かれていない紙と現地を見るだけで、購入するかしないか判断しなければなりません。

売主にとっての問題点

中古住宅を売ろうと思っても、不動産屋さんは建物を殆ど見てくれません。
建築後25年も経過していれば、建物評価はゼロ。解体費を控除して価格を査定するのが普通です。つまり、建物の価値は実質マイナスで評価されてしまうのです。
その建物が、欠陥住宅ではないことや、あとどれくらい住めるか、今後のメンテナンス費用といったことを買主にきちんと説明できれば、建物の価値をきちんと評価してもらえるかもしれません。
そして、売った後に問題が発覚してトラブルになることも殆どなくなります。

売主・買主双方にとっての問題点

不動産売却を不動産屋さんに依頼すると、たいていは専任媒介契約を結んでくれと言われます。
専任媒介とは、「あなただけに売却活動を任せます」というもので、不動産屋さんは売主からの手数料をほぼ確保できたも同然となります。
そして、この不動産屋さんが自分のお客様(買主)で成約することができれば、手数料は2倍になります。買主からも手数料が取れるからです。
だから、この不動産屋さんは、売主にとっても最もよい条件の買主を別の不動産屋さんが連れてきたとしても、売主に内緒で断ってしまうこともあるのです。
これって、売主にとっても買主にとっても、非常に不幸なことです。

2.住宅コンシェルジュとは

住宅コンシェルジュとは、中古住宅売買の諸問題を踏まえ、お客様の不動産売買にかかる執事として、買主様が安心して購入できるよう、売主様に納得して売っていただけるよう、通常の仲介業務に加え、以下の業務を行います。

ホームインスペクションの実施(実質的に弊社による費用負担)(※)

ホームインスペクションは建物に欠陥がないか、維持修繕にどの程度の費用がかかるかといったことを目視でプロが確認し診断するものです。
中古マンションや中古戸建を売る方、買う方どちらであっても、売買契約の前までに日本ホームインスペクターズ協会の公認資格試験をパスしたホームインスペクター(弊社所属以外)によるホームインスペクション(住宅診断)を、実質弊社負担にて行います。
これによって安心して取引していただくことができます(売却の場合、建物価値の訴求も可能になることがあります。)。

(※)ホームインスペクション(住宅診断)は弊社所属以外の協会公認ホームインスペクターに委託します。その費用は、当初、お客様にお支払いいただきますが、当社を媒介業者として取引が成立した場合には、お客様から頂戴する手数料から当該費用部分を控除させていただきます(実質的に弊社負担)。なお、当社が費用負担を行う住宅診断は1回限りとなります。2回目以降はお客様のご負担となります。
(※)ご購入の場合、住宅診断の実施について売主の承諾が得られた場合に限ります。
(※)原則として税抜き売買金額が2,500万以上の物件である場合に限ります。

ご売却のご依頼に対しては一般媒介契約を締結し、レインズに必ず登録

中古マンションや中古戸建をご売却される売主様から専任媒介契約の締結を依頼されない限り、一般媒介契約(他の仲介業者さんにも依頼できる契約)にて売却活動を行います。

一般媒介契約でも必ずレインズに登録し、日本全国の不動産屋さんに売却のお手伝いをしていただきます。

ご参考>レインズって何?

「レインズ」とは、国土交通大臣から指定を受けた東日本不動産流通機構が運営する「約65,700事業所の仲介業者が参加する不動産情報交換用コンピューター・ネットワーク・システム」のことです。

このシステムは、従来、仲介業者が売り物件資料を店頭に貼ったり、新聞広告に出したり、知り合いの業者に情報提供するなどして買主を探していたものを、自社の買主のニーズに合致しそうな売り物件をこのシステムを使って検索できるようにすることで、「広くかつ迅速に取引が成立する」ことを目的に平成2年に導入されたものです。

会社概要

会社概要

会社名株式会社あゆみリアルティーサービス
所在地〒104-0031 東京都中央区京橋1-14-6 ガーデニアビル9階 MAP
設立平成21年2月17日
宅地建物取引業免許平成21年6月5日 東京都知事(2)第90588号
代表者代表取締役 田中 歩

事業内容

住宅コンシェルジュ中古住宅売買に関するコンサルティングおよび仲介
事業用不動産仲介投資用不動産、事務所・開発素地等のコンサルティングおよび仲介
相続・不動産コンサルティングファイナンシャルプランナーによる相続・不動産全般に関するご相談
戸建・マンション開発不動産取得および一戸建開発分譲およびマンション開発分譲
不動産管理賃貸不動産の管理および空室募集、バリューアップコンサルティング

対応地域

原則として、首都圏近郊に限りますが、個別にご相談に応じます。

定休日

水曜日および祝祭日

代表プロフィール

平成3年慶應義塾大学経済学部卒業(飯野研究会所属:財政論専攻)
平成3年三菱UFJ信託銀行(旧三菱信託銀行)入社 渋谷支店不動産課配属
平成9年同大阪不動産部
平成10年休職(三菱信託銀行従業員組合専従書記長)
平成11年三菱信託銀行営業第7部
平成14年休職(三菱信託銀行従業員組合専従委員長)
平成15年三菱信託銀行不動産企画部(管理職)
兼務全国信託銀行従業員組合連合会議長
平成18年同不動産オリジネーション部(管理職)
平成20年退職 ◆三菱信託銀行時代の不動産コンサルティング仲介取扱額は1,000億円超
平成21年準備期間を経て、一般個人のお客様が安心して取引できる「住宅コンシェルジュ」事業を業界スタンダードとすべく、株式会社あゆみリアルティーサービス(東京都知事(1)第90588号)を設立(2月)
主な保有資格等

宅地建物取引主任者
公認 不動産コンサルティングマスター
国家資格 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
不動産証券化協会認定 不動産証券化マスター
日本ホームインスペクターズ協会 理事
日本ホームインスペクターズ協会 公認ホームインスペクター(住宅診断士)
日本ホームインスペクターズ協会広報委員・いえかるて(住宅修繕履歴)委員
事業再生実務家協会正会員
リノベーション住宅推進協議会賛助会員 全日本不動産協会会員

ページトップへ