2013年以降、金融緩和の影響もあって住宅地の価格、特に東京23区の価格は上昇を続けてきました。全国では19年以降、伸びが鈍化しつつありますが、こうした状況が続いていると不動産という資産に対するリスク感覚がマヒしがちです。市場のトレンドが良いうちに住まいを保有するうえでの4つのリスクを改めて確認し、自らの財産を守る意識を高めておきたいものです。(続きはこちら)