03-6228-7937

Archives: お知らせ

不動産投資 赤字でも売らないほうがいい物件とは(日経電子版寄稿)2021/8/2

投資用アパート・マンションは、収益を目的として投資し所有するものですから、最終的な手取りが赤字となり、それを解消できる術がないならば、売却するのが得策と考えられます。しかし、相続対策で取得した投資用物件に関しては、売却が得策ではないケースがあります。(つづきはこちら)

Read More »

不動産賃貸事業で失敗するワケ キャッシュフローを知る(日経電子版寄稿)2021/7/19

前回のコラムでは、15年から20年前に相続対策を目的として取得(または建築)した賃貸物件の経営が苦しくなってしまう2つ目の主な理由として、中長期的な修繕計画を収支計画に反映させなかったことを挙げました。今回は、最終回として賃貸事業におけるキャッシュフローの特徴を知らなかったために失敗した例を紹介します。(続きはこちら)

Read More »

投資理論で考える「購入か賃貸か?」(三菱UFJ不動産販売 すまい1寄稿)2021/6/28

住まいを買ったほうが得なのか、借りたほうが得なのか? この論争は古いようで新しいものですが、「得」という言葉を「経済的効用」というものだけに絞った場合、投資理論を使って考えるのがベターだと思います。 「買ったほうが資産が残る分、絶対得だ」ということを言う方がいらっしゃいますが、万国共通の尺度である投資理論を使って考えると、必ずしもそれが正しいとは言えないことが分かります。(詳しくはこちらを)

Read More »

不動産賃貸事業で失敗するワケ 修繕計画の反映を(日経電子版寄稿)2021/7/5

前回のコラムでは、15年から20年前に相続対策を目的として取得(または建築)した賃貸物件の経営が苦しくなってしまう主な理由として、賃料の低下に対する備えがないがしろになっていることをあげました。今回は、中長期的な修繕計画を反映した収支計画を立てないままに時間が経過し、経営が苦しくなってしまった例を紹介します。(続きはこちら)

Read More »

不動産賃貸事業で失敗するワケ 賃料下落や空室に備えを(日経電子版寄稿)2021/6/21

最近、50代以降の人から不動産賃貸経営に関する相談が増えています。多くは、相談者の両親が15年から20年前に相続対策を目的として取得または建築した賃貸物件に関するものです。賃貸物件が築20年前後を経過すると、経営が難しくなってしまうケースがあるようです。(続きはこちら)

Read More »

ハザードマップに記されない空白地帯 浸水履歴の確認を(日経電子版寄稿)2021/6/7

昨年8月28日から不動産取引時の重要事項説明で、取引対象となる不動産が水害ハザードマップ上のどの位置に所在するかを説明する義務が不動産会社に課されました。それ以前は、不動産取引の前に水害リスクを注意喚起する仕組みがありませんでしたが、これによって水害リスクを事前に確認したうえで、住まいを借りる、購入するといった意思決定ができるようになったわけです。(続きはこちら)

Read More »

住まいを買うとかかる費用は 税・手数料・雑費も大きい(日経電子版寄稿)2021/5/24

住まいの購入にあたっては、住まいそのものの売買代金以外にも様々な費用がかかります。どの程度かかるのかをきちんと想定した上で購入予算を検討しないと、結果的に無理な借り入れにつながることもあります。今回は、東京都内の某所に中古の戸建て住宅を購入する事例から住まいの取得費用がどの程度かかるかみていきましょう。(続きはこちら)

Read More »

中古マンション、地震の危険性と価格の関係は(日経電子版寄稿)2021/5/10

東京都が発表している「地震に関する地域危険度測定調査」をご存じでしょうか。東京都は都内の市街化区域の5177町丁目について、各地域の地震に関する危険性を測定・発表しています。具体的には建物倒壊危険度や火災危険度に加えて、災害時活動困難度を加味した総合危険度を測定し、町丁目ごとの危険性の度合いを5つのランクに分けて相対的評価として東京都都市整備局のホームページ上で公表しています。今回は総合危険度のラ

Read More »

首都圏中古マンション価格底堅く カギ握る在庫と株価(日経電子版寄稿)2021/4/26

昨年夏以降、首都圏(1都3県)の中古マンション市場では、契約件数は増加傾向にもかかわらず、在庫が減っているとの声があります。その影響もあってか、中古マンション価格は新型コロナウイルス禍でも値下がりする気配がありません。これまでは、株価上昇と金利低下で中古マンション価格が上昇してきたと筆者は考えていましたが、昨年以降、状況は変わったのでしょうか。(続きはこちら)

Read More »

Our Partners

あゆみリアルティーサービス

〒104-0031
東京都中央区京橋1-14-6ガーデニアビル9階
Copyright © あゆみリアルティーサービス All Rights Reserved.