不動産コンサルティング&仲介なら、あゆみリアルティーサービス

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

「売るか貸すか、相続空き家の判断基準 放置はリスクも」日経電子版に寄稿しました

「空き家問題」という言葉が浸透したこともあり、「相続で承継した空き家をどうしたらよいか」という相談が増えています。「不動産業者に相談したが、的確な判断材料をもらえなかった」との声も多く聞かれます。売買や賃貸の仲介の実務に …

no image

「住宅ローンのリスク、再認識を 金利上昇の圧力高まる」日経電子版に寄稿しました。

日銀の黒田総裁は7月31日、金融政策決定会合後の会見で「長期金利の変動幅はおおむねプラスマイナス0.1%の幅から上下その2倍程度に変動しうることを念頭に置いている」と発言しました。欧米が金融緩和の縮小に動く中、これまでか …

no image

「中古住宅の「診断」浸透せず 改正法施行4カ月」日経電子版に寄稿しました。

中古住宅の売買に関し、今春から建物の「診断」を事前に実施するかしないかを不動産業者が売り主や買い主に確認するよう義務付けられました。改正宅地建物取引業法が施行され、不動産業者は建物状況調査(インスペクション)をする業者の …

no image

「浸水・土砂崩れ… 2つのハザードマップでリスク確認」日経電子版に寄稿しました。

西日本豪雨で多くの地域が冠水した岡山県倉敷市真備町地区。洪水ハザードマップが予測していた浸水区域は、今回の浸水区域とおおむね同じでした。日ごろからハザードマップを眺めている人はまれでしょうが、今回の豪雨災害を教訓に改めて …

no image

「中古マンションの管理状況 どうチェックする?」三菱UFJ不動産販売 すまい1に寄稿しました

中古マンション選びのポイントの一つとして、そのマンションの管理状況があります。 最近では、築30年を超えるマンションが年々増加する中で、従来以上にマンション管理の良し悪しが意識されるようになり、マンション管理の状況をしっ …

no image

「修繕積立金は潤沢」には裏がある  日経電子版に寄稿しました。

中古マンションの取引の現場で、修繕積立金に関する説明が間違っていたり十分でなかったりすることがあります。こうしたことが原因で、これから中古マンションを購入しようという人が修繕積立金について誤解してしまうことがあります。今 …

no image

「隣の家から境界線が違う」と苦情  日経電子版に寄稿しました。

筆者は中古戸建ての売買取引の現場で契約の立ち合いを依頼されることがあるのですが、そこで「『境界標』は必要な点にすべてありますか?」と聞くと、不動産業者から曖昧な答えが返ってくることがあります。「境界標」には杭(くい)や金 …

no image

「23区 区分マンションに見る不動産投資市場」三菱UFJ不動産販売 住まい1に寄稿しました。

最近の収益物件は利回りが低下し、価格が高騰しているのではないか?そんな声があちこちでよく聞かれます。 今回は、東京23区の区分マンションの売買と賃貸動向から、現在の不動産投資市場について考えてみたいと思います。

no image

「中古マンション価格 大手は下がりにくいって本当?」日経電子版に寄稿しました

「中古マンションを買うなら大手のデベロッパーが分譲した物件がいい。資産価値がありそうだし、値下がりしにくいに違いない」。大手ブランドの中古マンションにこのようなイメージを持つ人は少なくないでしょう。ただ、一般の中古マンシ …

no image

「賢く使い分けたい 様々なインスペクション」 三菱UFJ不動産販売サイト「すまい1」に寄稿しました。

中古住宅は古くてどこに欠陥や不具合があるかわからないので不安。そういった声は以前から多く聞かれていました。こうした中古住宅売買にかかる不安を払拭するために、本年4月1日施行の改正宅地建物取引業法により、売主と買主に対して …

no image
« 1 2 3 4 »

年別アーカイブ

PICKUP&LINK

PAGETOP
Copyright © あゆみリアルティーサービス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.