不動産コンサルティング&仲介なら、あゆみリアルティーサービス

お知らせ

年別アーカイブ: 2019年

「空き家活用に追い風 法改正で店舗などに変更しやすく」日経電子版に寄稿しました

6月25日に改正建築基準法が施行されました。これまでは、空き家住宅を店舗やシェアハウスなどに用途を変更して活用する場合、建物の延べ床面積が100平方メートルを超えるものについては、建築確認申請が必要でしたが、今回の改正で …

no image

100均物件サイト 作っちゃいました

代表の田中が役員を兼務している「カリアゲJAPAN」という空き家再生会社と、YADOKARIさんのコラボで、100均物件サイトを作りました。 値札は100円か100万円。 空き家を処分したい人と空き家をクリエイティブに活 …

no image

「不動産の相談 なぜ顧客と業者の話はかみ合わないのか」日経電子版に寄稿しました

「老後資金は約2000万円必要」とする金融庁の報告書が大きな話題となっています。年金問題だけでなく、人工知能(AI)などの進化による働き方の変化、経済環境や資産価格の変動リスクの不透明感など、将来に対する不確実性が増して …

no image

「もめがちな賃貸の原状回復 借り主の負担は限られる」日経電子版に寄稿しました

住まいの賃貸借で、退去するときに原状回復に関する費用負担について借り主と貸主とでもめることがあります。もめる原因は契約当初、詳細な取り決めをしていないケースが多いのですが、原状回復に関する正しい理解が欠けている面も少なか …

no image

「家は買うべきか、借りるべきか 定番議論に欠けた視点」日経電子版に寄稿しました

住まいは買うべきか、借りるべきか。この議論は昔も今もあちこちでなされています。このコラムの読者のなかにも、同様の悩みを抱えている人は少なからずいるのではないでしょうか。ただ、買うか借りるかで悩みすぎても仕方がないと筆者は …

no image

「築36年のアパートを満室に 空き家再生は工夫次第」日経電子版に寄稿しました

総務省がこのほど、2018年の空き家数を発表しました。空き家は約846万戸、空き家率は13.6%でした。13年の前回調査では約820万戸、13.5%でしたので、数、率ともに増えたことになります。空き家が問題視されるのは、 …

no image

「賃貸マンション投資 「本当の手取り」を見極めるには」 日経電子版に寄稿しました

筆者は、建築会社から賃貸マンションの建築を提案されている人の相談に乗ることが多々あります。目にする提案書は、多少の違いはあれ、どれも同じような内容になっていることが少なくありません。提案のメインとなる事業収支表(収入、支 …

no image

「令和時代 消費者に選ばれる不動産仲介業の3条件」日経電子版に寄稿しました

まもなく平成が幕を閉じ、令和という時代が到来します。今回は平成における不動産仲介について筆者の拙い経験をもとに振り返りながら、新しい時代にも消費者から選ばれるよう、目指すべき新しい仲介の姿を考えてみます。

no image

「新時代の事業承継 進化のための受け継ぎ方」 日経新聞社・三菱地所リアルエステート様に取材していただきました

平成の30年間の不動産・金融環境を振り返りながら、企業不動産の位置づけがどのように変わってきたのか、これからどういう視点がフォーカスされるのかなどについて、事業承継を絡めつつお話させていただきました。 http://ps …

no image

「住まいの災害リスクは自分で調べる 業者頼みは危険」日経電子版に寄稿しました

ハザードマップなどに浸水リスクの記載があったとしても、不動産会社が重要事項説明において説明する義務はありません。 一部の不動産会社ではそうした説明をしてくれるところもありますが、そうでない場合は自分で事前に調べるしかあり …

no image
1 2 »

年別アーカイブ

PICKUP&LINK

PAGETOP
Copyright © あゆみリアルティーサービス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.